印刷後、帳票状態での 簡便な減感効果判定法

感圧紙帳票で減感インキ(FN-104,FN-104H,FN-300,FN-SOY)の着肉量を簡単に推定する方法

インキ着肉量を正確に知るには(重さを計る、など)サンプル量と手間,時間がかかります。
印刷後の帳票を試料として、着肉量を簡便に推定する方法を以下にご紹介します。

スプレーチェッカ−を使用する方法

・減感印刷部分にスプレ−し、「青い点状着色」が観察される時は、着肉量(効果)不足です。
 この方法は、単なる目安として考えて下さい。


感圧紙への印刷一覧へ